EMILYライブレポート 熊本&鹿児島ツアーLIVE


6月22日・23日 熊本、鹿児島ツアーライブ「EMILY&中嶌真平」、無事終えました!!

応援しに来てくださった皆様、本当にありがとうございました^^!!

熊本の「おくら」で歌うのは 1年半ぶり!

写真で撮ると改めて、こんなにお洒落な建物だったか〜〜!!と、熊本のセンスの良さを実感しました。photo by 中嶌真平

そして、ニューアルバムCDを引っさげてきたギタリスト中嶌真平は、

さっすが!お洒落にインスタ映えするPOPで物販ブースを仕込んでました!

(中嶌真平のニューアルバムを買い忘れた!!という方はこちらから購入できます)

コアラさんは、真平さんの相棒。

アタッチメントケースの中でクッション役を務めています。笑

 

今回、真平さんとのDUOライブって、実は久しぶりだったのですね。

最近は、バンドスタイルを重ねてきて、だいぶ厚みのあるサウンドで演奏していたので、

初めて共演をした時から実験的なDUOのサウンドでライブに挑んできた日々を懐かしく思い出しました。

バンドも難しいけれど、でも、サウンドが厚くなれば繊細な部分より、ダイナミックな方に耳が向いてしまうので、細かいところが誤魔化せてしまったりと、、、

 

歌い手として、もっともっと声一本で勝負しなくっちゃ、と思うとですね、

DUOで挑むライブは結構な緊張ものなのです。

 

でも、緊張というより、今回は楽しかったですけどね!!笑

 

コミュニケーションが いかに大切か、、

今まで1人でシンガーソングライター活動をしてきた私としては、誰かと何かを作り上げる時、

どうしても上手くできなかった時、本当に自分が嫌になりました。

でも、この20代後半に、ちゃんと向き合えてよかった。

 

ゼロから私を見つめ直して、

そして、今、私は何と向き合うべきか。

大人の年齢になると、たくさんのモノたちが、まだまだ大人になりきれない私を襲ってくる。

だからこそ、最小値のところから改めて出発できる勇気が必要だって、

音楽は いつも気づかせてくれました。

そういうところを超えてこれたからこそ、こんな私でも結婚できたのだな〜と、ホッと胸を撫でおろせる時間がきたことに感激してます。笑

何が一番大事なのか、

もっと心に耳を傾けて、純粋でいることが、音楽人としての幸せな生き方だとわかりました。

歌を歌う人生だからさ〜

したたかである必要もないし〜笑

腹黒い必要もないし〜笑

細かい事いちいち気にしたって、良い歌 歌えないし〜笑

 

気楽な生き方を目指します。笑

 

 

 

 

所変わって、鹿児島のリレット ライブでは、真平さんの素敵なCDジャケットで ライブチケットを作り、

真平さんも喜んでくれて、こちらも嬉しかったです^^

 

今回のライブは、ソロアルバムを引っさげてきた真平さんのCDの中からの選曲で

真平さんのソロをたくさん聴いてもらい、

アルバムについても色々とMCでお話しする真平さん。

1人で演奏を繰り広げる真平さんの音を 目を瞑って聴いているマスター(父)が、カメラのデータに入ってました。笑 誰かさんが 勝手に撮影。笑

(父と真平さんは「男はつらいよ」ファン仲間)

ステージ正面から、お客様が取ってくださった写真を拝借^^;

出産を控えている、、という事で、皆さんから お花や贈り物や お祝いのお言葉をいただき、

ステージが華やかなライブでした^^

ありがとうございます⭐︎

やはり、妊婦が ふっくらなるのは仕方ない!と 自分を甘やかしまくりの二の腕。笑

今回は、久々に「アルフィー」を歌いまして、、

歌うにあたって、映画を観ておこうと思い、DVD借りて「アルフィー」観ましたね。

映画を観なくても、その歌の世界観がしっかりとある曲なので、人それぞれのスタイルで演奏できる曲ですが、

私はどうしても、この曲はミュージカル的重さのある曲かな、、と感じていましたが、

映画を観たら、案外軽く歌っても良しと思うような感じで。笑

でも、やはり、最後の方では 歌の魔法にかかり、泣いてしまいます。

 

真平さんのアルバムにもソロ演奏で収録されているので、どうぞ楽しんでください♪

今回のライブでは、あまり おちゃらけMCを喋らないように、、、という雰囲気でしたが、

最後の最後、アンコール前で、爆発しちゃいましたね!!笑

我慢しすぎて、くだらないお話ばかりしちゃいました汗

でも、クスクス笑ってくださってありがとうございました。笑

最後には「チークトゥチーク」

今まで、たくさん応援してくださった方々のお顔が揃い、

まるで家族で集まったかのような、、そんな空間で、

温かい時間を過ごさせていただきました。

 

これから、もっともっと音楽で楽しい世界を届けていきたい、

まだまだ出来ない事、やっていない事、やりたい事、たくさんあるのだな〜と気づきました。

 

夢を描いて、どうせ叶わないのだから かき消して、、

大人ってそんなものかと思ってた。

目の前の小さな世界を自分の人生の大きな課題と捉えて、本当に大切なものとだけ向き合う、

今まで大きなことしか見えてこなかった私にとっては、それが大人になる階段で必要だったけど、

これからは、また一つ、大人になる意味を一つ加えることが出来そうです。

 

産休に入り、ゆっくりとした時間と、月日の速さを感じる不思議な時にいますが、

今できることをじっくりやっていきたいと思います。

 

落ち着いたらまた、皆さんに歌を届けに行かせてください♪

 

真平さん、9ヶ月のお腹を抱えたEMILYを、ステージへ引っ張り出してくれてありがとう^^笑

 

次は、我が子が見守るステージで、音楽の楽しさを伝えられるよう、これからも楽しく歌っていきたいと思います。

 

応援してくださった皆様、たくさんありがとうございました^^!!!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*