2018 9月16日(日)スガダイロー ピアノソロ『季節はただ流れて行く』公演


2018年9月16日(日)

「スガダイロー ピアノソロ『季節はただ流れて行く』公演」
■企画:Sakanoue Unique presents

■出演:スガダイロー (ピアノ)
■会場:鹿児島・Jazz Spot Lileth
■料金:前売 3,000円(+1D)、当日 4,000円(+1D)、[9/11 トリオ公演との通し券 4,000円]
■時間:OPEN 17 : 30 、START 18 : 00〜
■場所:鹿児島市千日町9-4 天文館Kビル 4F
■購入:099-227-1330 (20:00~25:00)、サカノウエユニーク099-262-0010

9/11 トリオ公演詳細は[こちら]

[スガダイローHP]

[NEWソロアルバムCD「季節はただ流れて行く」情報]

[スガダイロー インタビュー記事]

[プロフィール]
​​スガダイロー
ピアニスト/作曲家

1974年生まれ。神奈川県鎌倉育ち。
洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、同校卒業後米バークリー音楽大学に留学。

2008年 初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル:二階堂和美 3曲参加)を発表。
2011年 『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。
2012年 志人(降神)との共作アルバム『詩種』を発表、2013年 星野源『地獄でなぜ悪い』および後藤まりこ『m@u』でゲスト参加。
2014年 『山下洋輔×スガダイロー』DUOアルバム、および自身のトリオでのオリジナルアルバム『GOLDEN FISH』、2015年 ソロ作品集『Suga Dairo Solo Piano at Velvetsun』をVELVETSUN PRODUCTSよりリリース、2016年 作家・夢枕獏とのダブルネームで制作されたBOOK+CD作品『蝉丸-陰陽師の音-』を発表するなど精力的にリリースを重ねている。

また音源の製作と並行し、2013年あうるすぽっと[N/R]プロジェクト スガダイロー五夜公演「瞬か」にて飴屋法水、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzo、岩渕貞太、田中美沙子、喜多真奈美、7組の身体表現家と共演。
2015年、サントリーホール主催ツィンマーマン「ある若き詩人のためのレクイエム(日本初演)」にスガダイロー・カルテットを率いて参加。

2015、2016年KAAT神奈川芸術劇場にて白井晃 演出「舞台 ペール・ギュント」「舞台 マハゴニー市の興亡」の音楽監督を担当。
2016年、ジェイソン・モランとSteinway & Sons NY工場にて共演(BOYCOTT RHYTHM MASCHINE WORLDWIDE VERSUSⅠ)。
2016年10月~2017年7月にかけて、水戸芸術館にて「スガダイローPROJECT(全3回)」、
2017年4月「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」を草月ホール、ロームシアター京都にて行う。

[参考動画]

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*