2016.10月16日(日)遠藤律子トリオ&加塩人嗣sax,fl


2016.10月16日(日)

「遠藤律子トリオ&加塩人嗣sax,fl」
[遠藤律子HP]

開場 : 18:00 開演:18:30~ (2セット入れ替えなし)
料金 : MC:3000円(要1ドリンクオーダー)
会場 : 鹿児島リレット
ご予約電話:099-227-1330

出演者 遠藤律子ピアノトリオ(遠藤律子p、山口彰b、藤井学drs)&加塩人嗣sax&fl

加塩人嗣サックス奏者は、鹿児島大ジャズ研出身の人気プレイヤーです。
4名で熱い熱いラテンタッチのジャズライブです。
遠藤律子ピアノトリオCD「L7Amour est Bleu」発売記念ライブです。

14394032_1096755890413374_413061420_o 14423607_1096755933746703_1648244626_o

endophoto_6
[プロフィール]

遠藤 律子(えんどう りつこ)
ピアノ・作編曲

東京都出身。筑波大附属中学高校を経てICU中退。
ラテンフュージョンジャズバンド遠藤律子 with Funky Ritsuco Version!-FRV!では、CD「SUNSHINE」(日本クラウン)、「FRV!」(日本コロムビア)、「家族」(早稲田大学ラボシリーズ)、「愛にあふれて」(早稲田大学ラボシリーズ)を発売。
遠藤律子スローピアノ小曲集CD「心配しないで」(早稲田大学ラボシリーズ)、遠藤律子&小笠原千秋ユニットで、母親の介護経験を歌にしたオリジナル曲に歌詞をつけたCD「SMILE」(早稲田大学ラボシリーズ)を発売。
Toquio Bossa Trioで、ボサノバ「Angel Eyes」を発売。
2002年、国際交流基金主催人物派遣事業中南米ツアーで、遠藤律子with Funky Ritsuco Version!-FRV!を率いて、コロンビア、ドミニカ、キューバ、ベネズエラに渡航、日本大使館主催コンサート出演。
2002年上海、2003年北京と続けて、遠藤律子ピアノトリオで、日中国交正常化30周年記念中国コンサートツアー。
2003年、遠藤律子ピアノトリオで、パリユネスコ本部ユネスコホールコンサート、在パリチェコ文化センター「ヨーロッパジャズフェスティバル」に出演。
2009年、国際交流基金主催事業南米コンサートツアーで、ボリビア、ペルー、ベネズエラ、パラグアイに渡航、ボリビアとペルーでは、移民110周年記念公演、パラグアイでは修交90周年記念公演を成功させた。
2010年9月には、アメリカモントレージャズフェスティバルに、FRV!出演が決まっている。
2010年9月18日、アメリカモントレージャズフェスティバルに出演、会場全員がスタンディングオベーションの大成功をおさめた。2010年9月、ペルー、リマにて22日の日秘会館大ホール、23日の在ペルー日本大使公邸と、FRV!トリオのコンサートを大盛会に導く。
STB139スイートベイジル、サテンドール、スイング等ライブハウス、高齢者施設、美術館など様々な場所で、会場一体となって熱く楽しく盛り上がるライブを開催中。美しい作曲と喜怒哀楽豊かな演奏で、あたたかい音楽の一時を作るピアニストである。また、ジャズポピュラーピアノ、理論クラスを持ち、大人の社会人ミュージシャンの気楽セッションを主宰、楽しい音楽生活を演出して、音楽で人と人を繋ぐプロデューサーである。

786b1e_5745765e7434463eaee90fef5247a090
◆山口彰(やまぐちあきら)ベース
福岡県出身。20歳頃から大阪を中心に演奏を始める。
その後、東京にて活動開始。山本剛トリオ、大隅寿男トリオに参加。
ジャック・ルーシェとの共演。
鈴木重治。中村誠一、遠藤律子グループ等に参加。
アコースティックのソウルフルな演奏を提供し続ける。

image
◆藤井 学 (ふじいまなぶ) ドラム
1966年10月20日、広島県福山市生まれ。
幼少よりピアノを習い、12歳より吹奏楽部でトランペットを担当。14歳から友人とバンドを結成し、ドラムを始める。
15歳の時、「リッチvsローチ」のレコードを聞き、JAZZに目覚める。その後、地元福山でロックバンドやイベントで演奏するようになる。
大学進学を期に名古屋で佐竹伸泰氏に師事。
ロックバンド<ボニータ>に参加。イベントを中心に活動。
20歳から小濱安浩カルテットに参加。本格的にライブ活動を始め、納谷嘉彦トリオ、森剣治カルテット、和田直バンドなどで活躍。ヒルトンホテルのハウスバンドや地元テレビ・ラジオに出演。
その後、上京し、名古屋時代より共に活動していた滝野聡のデビューと共に、滝野バンドに参加し、ライブハウス、ラジオ等で活躍。また阿川泰子のバックバンドとして、日本テレビ「オシャレ30:30」にも出演。
現在は東京を拠点に、各地のライブハウス、イベントなどで活躍中。
JAZZだけでなく、FUSION・ROCK・SOUL・BOSSA NOVA・LATINなど、様々なジャンルに対応できるドラマーとして厚い信頼を得て、各イベント・CD録音などにも参加している。
2000年、2001年には横浜JAZZプロムナード、2003年~2005年、岡山JAZZフェスティバル、2005年、室蘭ジャズクルーズ(小林桂+小林洋カルテット)、台湾台中ジャズフェスティバル(木住野佳子トリオ)等に出演。また、ボーカリストとしてCMソングも数多く歌っている。

主な共演者は、阿川泰子、小林桂、寺井尚子、木住野佳子、アキコグレース、石井彰、山田穣、橋本一子、林栄一、原朋直、松島啓之、椎名豊、納浩一、多田誠司、小池修、中村健吾、小野塚晃、向井滋春、吉田次郎、金子晴美、アンディ・エズリン、サンディ・ブレア、カール・カーター、ウィンストン・マコー、ブライアント・マクニール、ボブ・ケンモツ、ジョシュア・ブレイクストーン、バリー・フィナティ他多数。
参加CDには滝野聡「TAKINO」、木住野佳子「bossa nostalgia」、堀秀彰「MOVING SCENES」 他。

ニューヨークで活躍するミュージシャンと録音した初のリーダーアルバム”I’m a drummer.” を発表。2006年11月、全国発売開始!

 

hitoshi-kashio-2012

◆加塩人嗣 (かしお ひとし)  サクスフォン & フルート[HP]
鹿児島大学在学中より演奏活動を始める。
フリーの演奏家として、数々のアーティストのツアー、レコーディングなどに参加。(EXILE、矢沢永吉、クレイジーケンバンド 、サルバトーレアダモ Etc.)
ジャズ系の活動後、 キューバ系ラテン音楽に接し、キューバ、メキシコでの演奏の機会を得て、
Omara Portuondo、Yumuri y sus Hermanos、NG La Bandaなど、
数々の有名アーティストと共演の経験を持つ。 またブラジル系音楽の演奏経験も多い。
現在、自己のバンド、 Don De Donをはじめ、東京キューバンボーイズ、オルケスタカリビアンブリーズンなどに所属し、精力的に活動中。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*